Carpmaels & Ransfordは、変動著しい知的財産分野の第一線に立つ、ヨーロッパを拠点とする知的財産事務所です
包括的サービスを提供します
200年以上にわたり知的財産分野の先頭に立ち続けてきた当事業所は、ロンドンから世界中に長きに渡る結びつきを広げ、ヨーロッパ、アメリカ、およびアジアのクライアントの皆様との直接的な関係を築いています。当事務所の先駆者としての地位は、多大な努力に裏打ちされた専門知識と経験の産物です。

当事務所は、知的財産契約を取扱う弁護士や著作権のスペシャリストを含む、優秀な特許および商標代理人、ならびに経験豊かな一流の訴訟弁護士が同一拠点に揃っています。また、EPO判例法の詳細についてのみならず、ヨーロッパ全体における訴訟の戦略についても充分なアドバイスを行うことができます。業界の中でも卓越した中間処理および異議申立てのスキルと、同じく際立った訴訟能力とを併せ持つ当事務所は、クライアントの皆様全てのニーズに対して、最高水準のサービスを経済的かつ効率的に御提供します。当事務所の包括的サービスは、知的財産権の発端から権利行使まで、その存続期間にわたるあらゆる側面を含み特許および商標出願書類の作成、出願、および中間処理から、ヨーロッパもしくはイギリスの知的財産庁に対する異議申立てや裁判所における訴訟に至るまでを網羅しています。当事務所は、クライアントの皆様へ戦略的知的財産管理を包括的に提供する独自の地位にあります。

ヨーロッパにおいて当事務所は、クライアントの皆様の代理人として、欧州特許庁(EPO)に対して何千件もの特許を出願しており、EPOに対する手続は質が高いことで知られています。また、特許取得に至るまでの効果的な特許出願手続、および異議申立てについての綿密な対応にも定評があります。さらに、多国間での権利行使に関する問題や戦略についてのアドバイスも行い、今後設立される欧州統一特許裁判所での最初の事件の取り扱いについても有利な立場にあります。

イギリスにおいて当事務所は、特許出願の明細書作成、出願、中間処理、ならびに高等法院、知的財産企業裁判所(IPEC)およびイギリス知的財産庁(UKIPO)での無効手続および侵害訴訟を専門としています。

高等法院、控訴院および最高法院における特許および商標訴訟については、当事業所の訴訟部門が豊富な経験を生かして対応します。また、ヨーロッパにおける当事務所の伝統を生かし、商標や補足保護証明(SPC)等、欧州連合司法裁判所(CJEU)における知的財産関連の手続も直接経験しています。

当事務所はまた戦略的な知的財産管理を強みとしており、一つのパテントファミリーのみならず特許ポートフォリオ全体も管理します。米国、日本、中国、韓国および世界各地の他の主要な知的財産法域において、当事務所は現地代理人の広範なネットワークと連携して、特許出願および中間処理、異議申立て、無効手続、侵害訴訟およびインターフェアレンス等の特許実務のあらゆる業務を行っています。

アドバイスをご希望ですか?

当事務所には、長年にわたり、ヨーロッパおよびイギリスに知的財産ポートフォリオを有する日本企業に対してアドバイスを行ってきた実績があります。中には40年を超えて関係が継続している実績もあり、これは当事務所のコミットメントの強さ、および当事務所に対する信頼の証といえます。

ヨーロッパまたはイギリスにおける知的財産についての専門的アドバイスをご希望される場合は、日本のクライアント様担当部門まで、メールにより直接お問い合わせください (japan@carpmaels.com)。